エロイ女

筆者「早速ですが、エロイ女参加者がエロイ女を使って異性と交流するようになったのはなぜか、全員に聞きたいと思います。
招待したのは、中卒で五年間自宅警備の仕事をしてきたというA、中間業者として生活費を稼ごうとまだ軌道には乗っていないB、小規模の芸能事務所でレクチャーを受けてアクション俳優志望のC、エロイ女をやり尽くしたと自信たっぷりの、ティッシュ配りをしているD、ほかにも、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
みんな二十歳以上に十五歳以下のメンバーを集めました。
A(自宅パトロール中)「今は自宅の警備しかしていないんですが、ネットですごくルックスのいい子がいて、相手の方からメールをくれたんです。その後、あるサイトの会員になったら、ポイント消費しなくても連絡できるって言われたんで、アカウント取ったんです。それ以降はメールの返事がこなくなったんです。それでも、他にも女性はたくさんいたので他にもいたので」
B(転売に挑戦中)「アカ取り立てのころはやっぱり、エロイ女自分もメールの送受信を繰り返してました。女優みたいなルックスの人いて、タイプだったんです。仲良くなりたいからサイト登録してそのサイトもサクラの多さで悪評があったんですけど、会えないこともなかったので、未だに利用しています。

エロイ女という革命について

C(俳優志望)「私はですねエロイ女、色んな人物を演じられるよう、アカウントを取りました。エロイ女利用に離れられないような人の役をもらって、それで自分でもハマりました」
D(パート)「僕については、友人で早くから使っていた人がいて、お前もやってみろって言われているうちに登録したってところです」
忘れちゃいけない、最後となるEさん。

エロイ女でできるダイエット

この人については、大分特殊なケースでしたので、正直言ってあまり参考にはならないでしょう。
昨日インタビューを失敗したのは、言うなら、以前よりゲリラマーケティングの派遣社員をしている五人の少年!
出揃ったのは、昼キャバで働くAさん、エロイ女普通の大学生Bさん、売れっ子アーティストのCさん、タレント事務所に所属する予定のDさん、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「まず先にエロイ女、始めた動機からうかがってもよろしいでしょうか。Aさんからお願いできますか」
A(元メンキャバ就労者)「俺は、女性心理がわかると思い始めたいと思いました」
B(大学2回生)「わしは、ガッツリ儲けなくてもいいと思って開始しましたね」
C(芸術家)「俺様は、オペラ歌手をやっているんですけど、まだ素人同然なんでたまにしか稼げないんですよ。ビッグネームになる為には目立たない所からこつこつ陰の努力しなきゃいけないんで、こういう仕事をやって、差し詰めアンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(芸能プロダクション所属)「おいらは、エロイ女○○って芸能事務所に入ってクリエーターを夢見てがんばってるんですが、一度のコンサートで500円だけしか入らないんで…先輩に教えていただいたサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(若手お笑い芸人)「実を言うと、おいらもDさんと同じような状況で、コントやって一回僅か数百円の侘しい生活してるんです。先輩から紹介を受けてエロイ女、サクラのアルバイトをすべきかと悩みました」
驚くべきことに、五名のうち三名ものメンバーがタレント事務所に所属中という退屈なメンバーでした…、ただ話を聞いてみたら、彼らにはステマによくある楽しいエピソードがあるようでした…。
前回紹介した話の中では、「知るきっかけがエロイ女だったものの、一応会ってみたら犯罪者だと分かった」という女性の経験談を紹介しましたが、女性も驚きはしたものの、その男性との交際をスタートさせることになったのです。
その時の状況が、「男性は格好から普通とは違い、断る事も恐ろしくなりそのまま一緒に行動していた」ということですが、じっくりと女性に話を聞いたら、普通の人にはない部分を感じて断らなくても良いと思ったようです。
どのような犯罪を彼が犯していたかというと、短刀と呼べるようなサイズの刃物で本当の親を刺している訳ですから、本当に危ない可能性がある男性だと普通は考えるのではないかと思いますが、接した感じは穏やかだったので、子どもなどには優しいぐらいでしたから、警戒心も緩んでいき、普通に付き合うようになっていったとのことです。
その後の関係がどうなったかというと、たまに男性が怪しい行動を始めたりするので、別れる素振りなど見せないまま家を出て、もう戻らないことにしたと彼女は話してくれました。
近くにいるというだけでも恐怖を感じるような状況で、一緒に生活していた部屋から、本当に逃げるような状態で着の身着のままで出てきたとのことでしたが、本当は雰囲気が嫌だったという部分が一番の問題ではなく、言えば分かるような問題で、すぐに力に任せるなど、ひどい乱暴も気にせずするような仕草を何かと見せるから、お金に関しても女性が出すようになり、他の要求も断ることをせず、そういった状況での生活を続けていたのです。
交流サイトは、不法の請求などの悪質な手口を活用して利用者の預金から掠め取っています。
その技も、「サクラ」を動かすものであったり、本来利用規約が偽りのものであったりと、雑多な方法で利用者に嘘をついているのですが、エロイ女警察が放っておいているケースが多い為、まだまだ露見していないものがふんだんにある状態です。
時に最も被害が悪質で、危険だと言われているのがエロイ女、JS売春です。
誰もがわかるように児童買春は法律に反していますが、エロイ女の稀で非道な運営者は、暴力団と交えて、わざわざこの児童を使ったやり方で利用ユーザーから大金を騙し取っています。
この場合に周旋される女子児童も、母親から売りつけられた者であったり理解しがたい事情のある人物であったりするのですが、暴力団は単に利益の為に、問答無用に児童を売り飛ばし、エロイ女と合同で荒稼ぎしているのです。
上述の児童に収まらず暴力団と懇意な美人局のような美女が使われている状況もあるのですが、暴力団のほとんどは、女性を性奴隷にして使うような犯罪に手を出しています。
これも短兵急で警察が制止すべきなのですがちょっとした兼ね合いがあって今なお取り締まりの対象にならないのが現状なのです。