させこ

質問者「ひょっとして、芸能界の中で有名でない人って、サクラを収入としている人が多いのですか?」
E(業界人)「そうだと言いますね。サクラのアルバイトって、させこシフト他ではみない自由さだし、我々みたいな、急にステージの予定が入ったりするような職に就いている人種には求めているものなんですよ。イレギュラーな空き時間を使えるし、させこめったにできない経験の一つになるし…」
C(アーティストの一人)「貴重な経験になるよね、女としてやり取りをするのは大変でもあるけど我々は男だから、自分が言われてうれしい言葉を向こうに話せばいいわけだし、男の心理をわかっているから、男性もやすやすと飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男性)「意外な話、女の子でサクラの人は利用者の心理がわかってないからぶっちゃけ上手ではないっすよね」

させこという革命について

ライター「女のサクラより、男のサクラの方がよりよい成績を納めるのですか?」
D(芸能事務所所属男性)「はい、そうですね。優れた結果を出しているのは大体男性です。けれども、させこ僕は女性の人格を演じるのが下手くそなんで、いっつもこっぴどく叱られてます…」
E(芸人さん)「最初から、正直者が馬鹿をみる世の中ですからね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…俺らも苦労してます」
ライター「女性の人格を演じ続けるのも、相当苦労するんですね…」

させこでできるダイエット

女性役のどうやってだましとおすかの話が止まらない一同。
そんな中で、ある発言をきっかけとして、アーティストを名乗るCさんに関心が集まりました。
人並みに疑う心があればそんな男性と一緒になんでありえないのにと考えられないところなのですが言ってみれば馬鹿正直でだれでも信じる女の子の彼女たちは危険な相手だと気付いてもその男性にさからえなくなってしまいます。
以前にたくさんの女性が暴力事件のとばっちりを受けることになり取り殺されたりしているのにその一方でかくいうニュースから教訓を得ない女子たちは不穏な様子を受け流して相手になされるがまま合わせるだけになってしまうのです。
全ての彼女のおこった「被害」は、どんな見方をしても犯罪被害ですし、普通に法的に制裁を加える事ができる「事件」です。
しかしながらさせこの仲間になる女子は、是非に危機感がないようでさせこ、いつもならずぐに適した機関の訴えるようなことも、そのままスルーしてしまうのです。
最後には、させこ加害者はこんな悪いことをしても嗅ぎつけられないんだ許して貰えるなら続けてやろう」と、すっかりその気になってさせこを駆使し続け、被害者を増加させ続けるのです。
「黙って許す」となってしまうと寛大な響きがあるかもしれませんが、させこその行動こそが、させこ犯罪者を増大させているということをまず見据えなければなりません。
被害を受けた場合には直ちに、警察でも有料ではない相談できる所でも何はともあれ迷いなく相談してみるべきなのです。
出会い応援サイトを使っている人達に問いかけてみると、させこほぼ全員が、孤独に耐え切れず、つかの間の関係が築ければ別に構わないと言う考え方でさせこを用いています。
簡潔に言うと、キャバクラに行く料金をケチりたくて、風俗にかけるお金も出したくないから、させこ料金がかからないさせこで、「ゲットした」女の子でお得に済ませようさせこ、と思う男性がさせこを活用しているのです。
他方、女の子陣営はまったく異なる考え方を持ち合わせている。
「どんな男性でもいいから、お金持ちで料理ができる彼氏が欲しい。出会い系なんてやってる男性はモテない君ばかりだから、ちょっと不細工な女性でも思い通りにコントロールできるようになるに決まってる!思いがけずさせこ、タイプの人に出会えるかも、バーコード頭とかは無理だけど、イケメンだったら付き合いたいな。だいたいの女性がこのように考えています。
端的に言えばさせこ、女性は男性の容姿の美しさか経済力がターゲットですし、男性は「チープな女性」を目標にさせこを用いているのです。
両陣営とも、お金をあまりかけずにお買い物がしたくて出会いを探しているようなものです。
そんな風に、させこを使用していくほどに、男共は女を「売り物」として捉えるようになり、女性も自らを「売り物」としてみなすように変容してしまうのです。
させこにはまった人のスタンスというのは、させこ女性を徐々に意志のない「物質」にしていく部類の危険な「考え方」なのです。